飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「リバースツインズ~僕が女子高に通った理由~」感想

リバースツインズ?僕が女子高に通った理由? (ぽにきゃんBOOKSライトノベルシリーズ)

〈あらすじ〉
ごく普通の男子高校生、来栖美樹はある時、双子の妹"樹里"が通う「聖フロリナ女子高」からの電話を受け、妹が学校でいじめを受けている事に気付く。またその夜、隣の駒田家から悲鳴が聞こえた。駆けつけた美樹の目の前には拘束されたセーラー服の女子高生と白衣姿の中年男が!?
助けないと――!!
反射的に動いた美樹は機械から吹き出した謎のオレンジ色のガスを吸い込んでしまい――。百合!?それともハーレム!?
わかつきひかるがお送りするちょっとエッチな学園ラブコメディ!

いやー帯に「百合」の文字があったら読むしかないじゃないですかー!でも「ハーレム」の文字もあったので、「これはもしや……貴重なTSモノでは……?」と予想してあらすじを見たらドンピシャでしたね。百合も好物ですがTSもまた良いものです。

普通の男子高校生・来栖美樹には双子の妹・樹里がいる。しかしお嬢様女子高に入学した樹里は部屋に引きこもり一ヶ月登校していない。両親共に働きに出てしまい、家には兄妹しかいない環境……樹里の学校からかかってきた電話をキッカケに「樹里はイジメられていたのでは……?」という疑念が膨らみ始めた美樹。だが隣に住むマッドサイエンティストが作った謎のガスを浴びてしまい、男から女に「性転換」してしまった美樹は、妹の代わりに女子高に通い、イジメの疑惑を突き止めようとする。

あらすじの前半は良いのだけど、後半の「ガスを吸い〜」の辺りからのとても都合の良い設定がいっそ清々しいくらいで素晴らしいとさえ思ってしまった。内容に関してはかなりツッコミどころが多く、読める人を選びそうではあるけれど、そもそもTSが人を選ぶので問題なかった。

不登校になった双子の妹に成り代り、女の子になったお兄ちゃんがお嬢様学校に潜入。周囲から無視されていた樹里の辛い環境ではあったが、もともと性格が良く友人も多い美樹は、あっという間に状況を覆して人気者に。イジメの原因(らしい)超お嬢様の薔子にも気に入られて、恵まれたハーレムライフが始まる。イジメとは一体何だったのか……は、終盤、明らかになるのだが、読者的にはそんなに重要ではなくなって……いや当人たちにとってはとても重要なことなのだけど。解決したところで、これからは樹里が頑張らないと駄目だよねー、なところが心配ではある。

まー個人的には美樹と群がる女の子たちとの関係がその後そうなったのか、の方が兄妹仲よりも大変気になったのだけど、特に大きく書かれてないのが残念だったなあ。そこ重要だと思うんです。中盤まで良かったが、題材の「イジメ」が暗かったよねえ……。