飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「独創短編シリーズ (2) 野崎まど劇場(笑) 」感想

独創短編シリーズ (2) 野崎まど劇場(笑) (電撃文庫)

〈あらすじ〉
「電撃文庫MAGAZINE」連載の、図ありイラストあり、挙句はQRコードすら載った奇文珍文目白押しの短編が、1冊にまとまって文庫で登場! OLと退魔師、深窓の令嬢、ソムリエ、秘密結社、神主と破魔矢、人妻、大作家とコメ欄、徳川将軍とオーク、黄門さま、モーゼといった不可解極まるキャラクターたちが織りなす爆笑必至の物語の数々! 雑誌連載分に加え、恒例ボツネタ&書き下ろし+αとボリューム満点でお送りする、編集部の狂気を感じる短編集! ――この本を読んだ時、あなたは『賢者』へと覚醒する。

『野崎まど劇場』が「初・野崎まど」かと思っていたのだけど、過去の著作を見ていたら『パーフェクトフレンド』を読んでました。ん?あれ?これ同じ人が書いてるの?……んん?(混乱)

タイトル含めて「最近のラノベは〜」みたいな、所謂雑なラノベ語りをするには最適な作品ですよね。あ、これは褒め言葉です。図形芸はツボにハマるのでやめちくり〜〜。この斜め上の更に斜め上の発想力は本物の才能だと思います。「年下退魔師」は良い話でした、感動した!(笑)

悔しいかな、野崎まどさんの他作品も読みたくなってきたぞ。