読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「月刊少女野崎くん」感想

月刊少女野崎くん(1) (ガンガンコミックスONLINE)

〈あらすじ〉
無骨な男子高校生は、乙女な少女漫画家でした。
無骨な男子高校生「野崎梅太郎」。彼に恋をした女子高生「佐倉千代」は勇気を振り絞って告白するものの、何故か恋人ではなく少女漫画家のアシスタントになったのでした…。男子高校生でありながら人気少女漫画家でもある野崎くんの日常を描く、少女漫画家男子コメディー!!

少女漫画は『赤ずきんチャチャ』『花盛りの君たちへ』くらいしか読んだことありません。あと『ハチミツとクローバー』はレディースコミック(?)ですか、アレは大好きだったなあ。とりあえずハチクロ映像化……竹本くんがイケメンすぎてコレジャナイ感凄まじかったのは良い思い出。

読め読めとオススメされたので、『月刊少女野崎くん』の1巻を読みました。「ホモホモしい内容なのかな」と勝手な印象を持っていたのだけど、ほんのりホモホモしいだけで基本はおバカな連中のおバカな内容でした。と、いうかこの漫画、四コマなのかーい。(何故か衝撃を受けた)

正直、野崎くんと佐倉の二人だけで回していた序盤はかなり厳しかった。このままこの二人だけだったら寝てしまう……と思ったところで颯爽と現れてくれました御子柴くん。こいつチョー面倒くさいチョー愛おしくなるキャラだな、おい。それから続々キャラクターが投入されて賑やかになっていく。佐倉のアホなツッコミが冴え渡ります。しかし学園パートと漫画家パート(仕事場パート)の行ったり来たりが上手いなあ、と感心。どっちかというと、学園パートの方が好き。だけど学園パートだとグイグイ登場する鹿島はウザいっす。(笑)