読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア4」感想

ライトノベル GA文庫

【Amazon.co.jp限定】 ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア4 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)

〈あらすじ〉
「聞いても、いい?」
「えっ?」
「どうして君は、そんなに早く、強くなっていけるの?」
「……何がなんでも、辿り着きたい場所があるから、だと思います」
「私も……」
──悲願(ねがい)がある。何がなんでも、辿り着かなければならない場所が、遥か先の高みにある。
少女にも、少年にも。
ついに始まる『遠征』。未到達領域59階層への挑戦。少女は『未知』へと挑み、そして少年は──。
『──冒険を、しよう』
これは、もう一つの眷族の物語、
──【剣姫の神聖譚(ソード・オラトリア)】──

ウオオオオ表紙にベルくんウオオオオ!!これはまさか、全読者が熱くなる「あのシーン」なのか!そうなのか!?

と、テンションMAXで読み始めました。結論から言うと僕たちの大好きなミノタウルス雪辱戦のシーンです。外伝読んでもう一度3巻を読み直したくなっちまったぜ畜生!

ただ前半の遠征準備と特訓は読むの辛かったなあ。それだけに遠征開始からは良かった。色々忘れてるところあったけど、重要な遠征の時にベルくんとミノタウルスの対決があって、更にはフレイヤ側との対決もあったんだね。忙しすぎるだろ。あとオッタルはフレイヤ命すぎて恐ろし子です。

ベルくんの影響力。アイズだけでなくベートに「効いてた」のが痛快……だけど、ベートはベートで向上心の塊だから良い意味で影響してるのが何とも憎めない。ベルくんが台頭するのはこの後から。

59階層……未踏破層での戦い。ラストバトルみたいな感じだったけど、まだまだ先があるのね。ダンジョン、色んな意味で奥深すぎ。しかし外伝で潜りすぎると本編での感動が薄れるわ。(笑)