飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「紅霞後宮物語」感想

紅霞後宮物語 (富士見L文庫)

〈あらすじ〉
関小玉、33歳。不世出の軍人と噂される彼女は、「とある事情」から、かつての相棒にして今はこの国の皇帝である文林の懇願を受け、ある日突然、皇后となった。いきなり夫婦となった文林との関係に戸惑いつつも、小玉は持ち前の前向きさと大雑把さを武器に、女性の嫉妬と欲望が渦巻く後宮「紅霞宮」に入る。他の妃たちの嫌がらせにも気づかぬ小玉のマイペースさに、後宮はまさに大混乱!だが、その混乱は後宮に潜む“闇”をも目覚めさせてしまい…。選考委員絶賛の、あまりに型破りな後宮物語、ここに開幕―。

これが初・富士見L文庫になります。「富士見L文庫は女性向けレーベル」と何故か思い込んでいたのだけど、そうではないということを知りました。だってー、この表紙見てよー、どう見ても女性向けじゃん?(偏見)(言い訳)

一兵士から将軍にまで成り上がった関小玉。33歳の「最強女将軍」は元上司で相棒だった男……今は皇帝となった文林の願いを受け、なんと皇后となる。しかし軍人だった小玉に後宮での「常識」が分かるはずもない……のだが、持ち前の見事な感性のおかげで危機を次々回避していくのだが……。

まず言わせて下さい。この新人作品は間違いなく面白いです。「33歳独身 最強の女将軍 まさかの後宮入り⁉︎」というツッコミどころの多すぎる帯コメントに引き込まれ、ページを開いたと思ったら一気に読み終えました。

荒削りではあると思う。話の方向がアッチコッチ飛ぶところがあって混乱してしまう。しかしそれを差し引いても、「33歳の女将軍→皇后さま」こと小玉の男勝りな良い女っぷりは読んでいて実に気持ちが良い。後宮、という言葉からイメージする通り、そこは女の嫉妬と憎悪が吹き荒れる魔窟。しかしマイペースするぎる小玉は、嫌がらせなど何のその。それどころかカリスマ性を発揮して、自分を敵視していた妃を引き込んでいく。皇后さまマジカッコイイです。次第に露わになる後宮の「闇」に対して毅然と対峙する姿もまたカッコイイ。

さて打算で結婚した小玉と文林の夫婦。自分と結婚したのは「軍人」としての才能を必要としてのこと、と考えている小玉であるが、なかなか文林は自分を皇后にした意味を教えてはくれない。夫婦生活(仮面)をして感じる皇帝・文林の冷徹さ。徐々に開いていく夫婦の溝。後宮での生活、夫婦としての生活、悶々とする小玉の内面の描き方は見事で、本当に文林に対して焦れったい想いを抱くことになる。

これは続きを書いて欲しいなあ。小玉の魅力、この一冊だけで終わらせるのはモッタイナイよ。もっと周囲を、文林を、あっと言わせて欲しい!