読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「中古でも恋がしたい!2」感想

【Amazon.co.jp限定】中古でも恋がしたい!2 書き下ろし4PリーフレットSS付き (GA文庫)

〈あらすじ〉
「まさかせーいちとクラスメイトになるなんて~! 奇蹟、みたいな?」
清一にトラウマを与えた初恋相手、諏訪間天女が転入してくるというエロゲにありがちなイベントが発生!!
オタクの天敵、ゆるふわギャルへと変貌していた天女は、清一のトラウマを利用し服従させようとして――
「もう新宮に近づくな! 迷惑だ!!」
「別にカノジョでもないくせに~」
激怒した古都子は不良モードで追るが、天女は意に介さない。結果、古都子の悪い噂が過激化してしまう。
「原因となる綾女の印象を変える!」
清一の発案で古都子達は図書室での勉強会や献身的活動など、古都子の好印象をアピールするのだが……。
新キャラ増量で贈る話題作第二弾。

勝手に「この作品は続きが出ない」と思っていたのでこれは嬉しい。表紙イラストの新ヒロイン・イブを見て「こいつは間違いなくビッチだぜ!ヒャッハー!」……なんて思いません。ええ、『中古でも恋がしたい!』は華麗なるタイトル詐欺ですから!(褒めてる)

と、いうことで新・ヒロインのギャルビッチことイブは小学生の頃、清一にトラウマを植え付けた張本人。イブは「悪役」として扱われるが終盤、蓋を開けてみれば綾女同様、清一に惚れてるおバカな女の子だったというオチ。まあ清一の一言でガングロを止めるのを見れば、「これは……お約束パティーン……!」と分かります。

この作品の素晴らしいところは、異能やバトルもなく、純粋に「学園ラブコメ」をやっているところ。この安定感。頭の中を空っぽにして楽しめます。褒め言葉ですよ、もちろん。これはシリーズとして長く愛したい作品。綾女の悪い噂も解け始め、クラスメートや学園の人々に認められていくのが楽しみだ。