読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉12」感想

ライトノベル MF文庫J

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉12 (MF文庫J)

〈あらすじ〉
ブリューヌ王国に侵略したザクスタン軍を撃破するため、月光の騎士(リュミエール)軍を結成して、その緒戦を勝利に導いたティグル。王都ニースで戦況を見守る王女レギンの下を訪れたが、王宮は謀略の渦巻く魔窟となっており、凶悪な魔手がティグルに忍び寄る。戦場の敵はザクスタン軍だけにとどまらず、因縁の深いあの男の登場により、ブリューヌの地を舞台とした戦乱は、新たなる局面を迎えることに。一方、ジスタートでは新たに煌炎バルグレンを継承した戦姫フィグネリアがヴィクトール王に謁見していた。幾つにも重なり合う陰謀と戦いを目前に、英雄となった少年は、戦友たちと共に未曾有の混乱を収束させることができるのか――大ヒットの最強美少女ファンタジー戦記、急転直下の第12弾!

今回読んでいて思い出したのだけど、ブリューヌでは弓は侮蔑の対象だということ。スッカリ忘れていた……しかしこの「弓の地位が低い」設定にいまだ馴染めないのは僕だけですかね。(笑)

さて、感想ですが、新たな戦姫フィグネリア登場。エレンとリムが育った傭兵団のリーダーと交流を持つも、最終的には戦場で敵となり、そして殺すこととなった因縁のある相手……だけど、今回では特に顔を合わすことはなく持ち越し。エレンとフィグネリア、人の夢を受け継ぎ、作り上げようとする国とは一体どんなものになるのか。

王女レギンに対する謀反はティグルたちの活躍によって阻止され、ひとまず落ち着く。だがガヌロンの登場によって、次なる敵が現れて休まる時間がない。英雄さんは大忙しですよ。最後はとんでもない終わり方をしたのだけど、これは次、どう始めるんだ?オラ、ワクワクしてきたぞ!