飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「りゅうおうのおしごと!」感想

りゅうおうのおしごと! (GA文庫)

〈あらすじ〉
玄関を開けると、JSがいた――
「やくそくどおり、弟子にしてもらいにきました!」
16歳にして将棋界の最強タイトル保持者『竜王』となった九頭竜八一の自宅に
押しかけてきたのは、小学三年生の雛鶴あい。きゅうさい。
「え? ……弟子? え?」
「……おぼえてません?」
憶えてなかったが始まってしまったJSとの同居生活。ストレートなあいの情熱に、
八一も失いかけていた熱いモノを取り戻していく――
『のうりん』の白鳥士郎最新作! 監修に関西若手棋士ユニット『西遊棋』を迎え
最強の布陣で贈るガチ将棋押しかけ内弟子コメディ、今世紀最強の熱さでこれより対局開始!!

キター!白鳥士郎さんの新作だー!
と、いうことで『海戦』『農業』と続いて今回の題材となるのは『将棋』です……将棋のことは良く分かりません。でも楽しく読めるのは間違いない!

将棋界最強のタイトルである『竜王』。若干16歳で『竜王』のタイトル保持者となったプロ棋士・九頭竜八一であったが、その後公式戦で連戦連敗。スランプに陥っていた。そんなある日、八一が家に帰るとそこにいたのは小学生……9歳の女の子。雛鶴あい、という名の可愛い女の子はかつて『竜王』の座を争った会場、旅館の娘だった。八一との出会いがあいの運命を変え、『竜王』に弟子入りするために上京してきたという。最初は拒否する八一であったが、あいの才覚を目にしてその考えを改めていく。

まず一言でこの作品の感想を言うと「あいちゃん可愛い!そしてふざけているようでやっぱり真面目で心が熱くなる作品だった。流石は白鳥さん!」あれ一言で終わらなかった。つまり期待通り面白いってこと!

スランプ突入で全く勝てなくなった『竜王』八一と、田舎から上京してきた健気で真っ直ぐな小学三年生のあい。まず第1巻はふたりの師弟関係……絆ができるまでの物語となる。たった3ヶ月の将棋歴なのに、末恐ろしい戦い方を見せるあいの将棋に魅了される八一。『竜王』になり、心から消え行こうとしていた情熱をあいの姿を見ることで次第に取り戻していく。またあいも師のもと、将棋の腕前をメキメキ伸ばし、そして試練が立ち塞がる。

とにかく登場するキャラクターたちの「将棋バカ」っぷりが気持ちが良い。俺たちには将棋しかない、といってもいい。何より彼等の輪の温かいこと温かいこと……。

そして今回は姉弟子(ただし中学生)を差し置いて、メインヒロインはJSという。これは逮捕待った無し。しかも最後、あいの将棋界での夢破れた時の条件が笑ってしまうというか、いや、流石だ、面白いと思いましたよ。これからもJSが出てくるのか、姉弟子の逆襲はあるのか……(震え声)

まだ始まったばかりです。ノンビリ行こうじゃないですか……(のうりんも読まないと!)