読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (8)」感想

ライトノベル 電撃文庫

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミン (8) (電撃文庫)

〈あらすじ〉
国を大きく揺るがしたクーデターから約二年。第二十八代皇帝となったシャミーユは、反発の気運漂う国内を、トルウェイ中佐やマシュー少佐を従えつつ、強硬な手段をもって治めようとしていた。一方、隣国のキオカ共和国でも内紛が起こる。その鎮圧にあたったのは、当世の麒麟児ジャン少将。そこで彼は科学者アナライと出会い、進化の兆しを見せ始める。歪みを抱えたままの新生カトヴァーナ。日の出の勢いのキオカ。二国間の熾烈な戦いは、新たな局面を迎えることになる。そしてイクタは……。

前回の衝撃的すぎる展開。そして今回の表紙、皇帝となったシャミーユの姿。もうね、胸が痛すぎる。表紙を見ただけで、胸が痛くて仕方がないよ。

まずは内紛があちらこちらで起きているキオカ側の視点からスタート。このエピソードを見て、ジャンが好きになる読者も多そうだな。そして英雄と異端の出会いと交流は一体何を引き起こすのか……アナライは「英雄」ジャンをひとりの人に引き戻してしまいそうで怖い。

さてドキドキしながらも始まったカトヴァーナ帝国側の戦い。こちらも国内の諍いがあって、しかし「闇落ち」(と表現するのは適切ではなかもしれないが)したシャミーユの徹底的な戦い方はジャンのやり方とは正反対。その行いに震え上がるとともに、そんな彼女に戸惑い、シャミーユを支持するトルウェイの姿に歯噛みしつつ、押し寄せるとんでもない状況に対処し続けるしかないマシュー見ていて本当に可哀想になる。ますますマシューが好きになった。こんなキャラクターになると、1巻を読み始めた時点で誰が予想できた?

シャミーユとイクタの関係……イクタの心はヤトリに囚われている。イクタの前でだけ見せる真実のシャミーユの姿を見て心が軋む。もう昔には戻れないのか……最悪のタイミングで変わるハロは仲間たちの在り方をさらに歪めていくだろう。