読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア5」感想

ライトノベル GA文庫

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 外伝 ソード・オラトリア5 (GA文庫)

〈あらすじ〉
59階層の決戦を制し帰還に移る【ロキ・ファミリア】。
だが道中、ダンジョンの異常事態により行動停止となる一行は18階層で野営を行うことに。
そこにはアイズが再会を望む白髪の少年の姿が……
「ベル……?」
昇格の世界最速記録を樹立した少年に興味津々のアイズ達、そして一人不機嫌に陥るエルフの少女。
何とか我慢しようとするレフィーヤだったが──少年がもたらす騒動に、とうとう怒りが爆発する!
「待ちなさぁ────────い!」
「ひいいいいいぃいいいいいいい!?」
冒険者達の束の間の休息編!
これは、もう一つの眷族の物語、
──【剣姫の神聖譚(ソード・オラトリア)】──

何だか毎月『ダンまち』シリーズを読んでいるような気がします。か、刊行ペースが順調なのはとっても良いことだね!(積本を見ながら)

今回のお話は本編とだいぶ重なる部分があって、18階層での出来事の裏側をアイズ側……というか、もうひとりの主人公といってもいいレフィーヤの視点から見た展開となっている。アイズとベルの距離が近いことに嫉妬の炎メラメラのレフィーヤの一人相撲感といったら……。
まあ最後にはお互い「これから」の人材ではあるし、仲良くなったのは良かったかと。このままだとレフィーヤは嫉妬ばかり目立って、あまり良いキャラと捉えて貰えなくなるからね。

外伝サイドの『敵』の姿も見え始めてドキドキ。しかし表紙に登場するほどフィンもガレスも活躍していないという……(苦笑い)