読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「俺、ツインテールになります。 10」感想

ライトノベル ガガガ文庫

俺、ツインテールになります。 10 (ガガガ文庫)

〈あらすじ〉
<死の二菱>隊長・ティラノギルディに、自らのツインテール属性を奪われてしまった総二。彼は、無気力になるだけでなく、激しい苦痛に襲われる。奪われた属性力は、ある程度の時間が経ってしまうと、持ち主の元に戻せなくなる。そして、ツインテール属性と総二とのつながりが完全に切れてしまったら、この世に存在するテイルレッドの写真や動画は、一斉に総二の姿と入れ替わり正体が露見してしまう……!? 愛香たちは、思い思いに総二を誘惑して気力を保たせようとするが、はたしてその効果は? そんなツインテイルズたちの苦悩をよそに、<死の二菱>は残る戦力を結集し総攻撃を開始する。それを迎え撃つ愛香たちだが、総二という心の支えを失い、彼女たちにもまた異変が……。テイルレッドに変身できず無力さを噛みしめる総二。想像を絶する全力を解放するティラノギルディ。果たしてツインテイルズは、この最大の危機を乗り越えることができるのか!!

気づけばもう10巻です。新人賞作品として『このライトノベルがすごい!』にて紹介記事を書いたのが遠い昔のようだ。あっ、『このライトノベルがすごい!2016』今年もライター参加してたりするのでみんな買ってね!キャハ☆(唐突な宣伝)

ツインテール馬鹿の総二がツインテール属性を奪われてしまう。僕らで言えばライトノベル馬鹿がライトノベル属性を奪われるということ。そう考えると……

耐えられないっっっ!!!

あまりのことに大文字+赤文字炸裂ですよ。そんなことは耐えられない。好きなんて生半可な感情じゃない。
ラブなんです。愛なんです。ツインテール愛。ライトノベル愛。それは魂の根源。

それを奪われ、空虚になっていく総二を励ますヒロインズの痴女……もとい健気さといったら。
ほんとおまえら、総二のこと大好きだな。これもまた愛が成せる。みことさんは株を上げたと思います。

しかしそれほどの愛。奪われて簡単に失ってしまうようなものなのか……否! ツインテール愛は永久に不滅です!
覚醒する総二。口絵見てよ。10巻を飾るに相応しい変身。そしてツインテール愛。
敵を撃退して、さらなるツインテール愛を見せた総二=ツインレッドに対して妙な動きを見せるアルティメギル。えっと、教祖様扱い?

最後に分かったことがあるのですが、
僕はポニーテールが好きです。(結翼唯乃を見ながら)