飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「妹さえいればいい。3」感想

妹さえいればいい。3 (ガガガ文庫)

〈あらすじ〉
妹モノの小説ばかり書いている妹バカの作家・羽島伊月は、様々な悩みや問題を抱えながら慌ただしい日々を送っている。原稿の締め切り、恋、そして家族のこと……。アニメ化で大ダメージを負った友人作家の不破春斗から恋愛相談を持ちかけられたのを皮切りに、伊月の周囲の人間関係も動いていく。果たしてその先に待ち受けるのは激動か、平穏か――。一方、天才イラストレーターぷりけつは千年に一度のケツを持つ少女を探していた……! 羽島兄妹の事情も明らかになるかもしれない、大人気青春ラブコメ群像劇第3弾!!

京に恋した春斗の正統派ラブコメ具合といったらないな。これぞ主人公。はい。違いますね。妹バカなラノベ作家の伊月くん……今回は春斗の真っ直ぐな青春に引っ張られてか、結構真面目にラブコメしてたような。(笑)

伊月と那由多。二人は両想い。だが伊月には男としての意地、作家としての意地がある。このまま那由多と付き合う訳にはいかない。そんな二人の姿に切ない表情を向け、吹っ切れきれない京……そして三角関係に蹴りがつかないと京にアプローチするのも難しい春斗。なにこのラブコメ。ちゃんとラブコメしてる!……のに、合間合間でアホなことしてくれてるので(良い意味で)ぶち壊しですな。

しかしこのバランスをおかしな方向に崩してしまうかもしれない千尋という存在。伊月と那由多の両想いが確定しただけに、ほんと「妹」千尋は恐ろしい子だよ。いや、読者的には「妹」の存在だけで伊月がどこまで歪んでしまうのか楽しみであるけど、那由多への想いを追いやってまで悩み始めたらダメな男になってしまうなあ。さて。自分で立てた目標がすぐさま叶ってしまい、伊月と那由多の関係は一段上がるのか、どうか。刊行ペースも良いので早く続きが読みたい!(新たな主人公=息子と全裸待機)