読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「黒鋼の魔紋修復士13」感想

ライトノベル ファミ通文庫/エンターブレイン

黒鋼の魔紋修復士13 (ファミ通文庫)

〈あらすじ〉
ディヤウスとしての己の出自を知った上で、その手でメルディエトを葬ったディー。彼の苦悩を包み込むかのように、ヴァレリアはディーと結ばれる。一方その頃、カリンと決着をつけようと願うダンテと、ついにルオーマに直接攻撃をかける用意を整えたルキウスとオルヴィエトはユールローグを出立する。それぞれの相手を迎え撃つべく、カリンが、シャキーラが、そしてディーとヴァレリアが最後の戦いに臨む! 
大人気ファンタジーアクション、堂々最終巻

ベテラン作家・嬉野さんらしい美しい物語・終わり方をしてくれて満足しています。ヴァレリアもディミタールも、なによりベッチーナが幸せそうな姿に胸が一杯だよ。

お疲れ様でした。
次回作も楽しみにしています。