飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉(13) 」感想

魔弾の王と戦姫〈ヴァナディース〉(13) (MF文庫J)

〈あらすじ〉
大軍と共に出現したタラード=グラムを説き伏せ、その助力によりザクスタン軍を撃退した、ティグルたち月光の騎士軍。しかし、王都への帰還の途上をグレアストの軍に襲撃され、満身創痍のティグルたちは壊滅の憂き目に。指揮官であるティグルとエレンは混乱のなか行方不明となる。エレンはグレアストに捕らえられ、彼女への異常な執着に晒されてしまう。マスハスやリムアリーシャが対策を練る一方、単身で動き出したティグルの元には、予測しうる限りで最悪の敵が迫り、同時に、最高の助っ人が駆けつけようとしていた――大ヒット最強美少女ファンタジー戦記、緊迫の第13弾!

失いかけて初めて分かる。あの人は自分にとってかけがえのない人である、と。

最後の展開に驚きですよ。いや、ティグルとエレンの間にある愛と絆は確かなものであるのは今回の話で確信したのだけど。まさかあそこまで二人の関係が進むとは、お兄さん思わなかったんです。接吻くらいはするかなー、くらいの油断具合だったので、爆発した二人の愛はもう止められない感じで……はい❤︎

とはいえ二人の立場が立場だ。愛だけで乗り越えられるか。その関係に気づいたのがミラとルーリックというのが面白いなあ。ティッタとリムには刺激が強すぎるので教えないで。

しかしヒロインを選ぶにしても最終巻かな、と思っていたのでもしかしてクライマックスは近いのか。それともこの関係のまま暫く突き進むのかな。このわっかりやすいカップルの関係をいつまでどこまで隠し通せるやら。