読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「魔弾の王と戦姫(ヴァナディース) (14) 」感想

魔弾の王と戦姫(ヴァナディース) (14) (MF文庫J)

〈あらすじ〉
ムオジネルの王弟クレイシュは十五万という空前絶後の大軍を擁し、優れた将軍たちをそろえ、都市や城砦を次々に無力化して王都へと迫っていた。ティグルは王女レギンが西方国境から呼び集めた兵を預かって月光の騎士軍(リューンルーメン)を再編成し、仲間たちとともにクレイシュとの決戦に挑む。若き英雄は大切な者たちのいる王都を守り、クレイシュを撃つことができるのか。一方、ジスタートではブリューヌから帰国したヴァレンティナがフィグネリアやリーザと会談。ジスタートを覆う不穏、とめどなく続く数多の戦い、祖国に訪れた史上最大の危機の中で今、英雄となった若者は、その名を永遠に歴史に刻みこむ――大ヒット最強美少女ファンタジー戦記の最高峰、第14弾!

物語の風呂敷を畳み始めている感じをヒシヒシと感じる14巻でした。残念なような、でもしっかり終わりに向かって進んでいてひとりの読者として嬉しいとも思う。

ムオジネルのクレイシュとの激闘。そしてティグルが愛すべき女性を「決断」するお話。特にここまで追いかけてきた読者は、前回エレンを選んだティグルがティッタとどう向き合うのかかなり気になったのかな、と。

なんというか、ここまできたらエレンだけじゃなくてティッタも愛して良いのではないかと思う。そのくらいの思い入れが読者にはあると思うし、ヒロインズそれぞれも感じていることだろう。エレンも他に愛する女性がいても良いことを認めているけど、実際に「そうなった時」にどう感じるのかはちょっと怖い。嫉妬うんぬんの話もあったので。

あとミラかな。リムはある程度自分の恋心に対して蹴りをつけたように思えた一方、ミラはまだ動揺している。ソフィーの助言もあったが、ミラがどうしたいのか……エレン、ティッタ、ミラの三ヒロインは僕も思い入れがあるから幸せになって欲しいなあ、と。

解決していないことは多いから、今後どう畳み掛けてくるのか期待したい。