読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「アサシンズプライド 暗殺教師と無能才女」感想

ライトノベル 新作 富士見ファンタジア文庫

アサシンズプライド 暗殺教師と無能才女 (ファンタジア文庫)

〈あらすじ〉
マナという能力を持つ貴族が、人類を守る責務を負う世界。能力者の養成校に通う貴族でありながら、マナを持たない特異な少女メリダ=アンジェル。彼女の才能を見出すため、家庭教師としてクーファ=ヴァンピールが派遣される。『彼女に才なき場合、暗殺する』という任務を背負い―。能力が全ての社会、報われぬ努力を続けるメリダに、クーファは残酷な決断を下そうとするのだが…。「オレに命を預けてみませんか」暗殺者でもなく教師でもない、暗殺教師の矜持にかけて、少女の価値を世界に示せ!第28回ファンタジア大賞“大賞”受賞作。

ここ1年半、新作に触れてきなかったなあと思いオススメしていただきました。直近のファンタジア大賞作品だったんですね。富士見ファンタジア文庫が続いたのは偶然です。

マナと呼ばれる特殊な能力を持つ者たち。高名な貴族でありながら無能力の少女・メリダを指導するため派遣されたクーファ。メリダの教師役としてやってきたクーファは、しかし裏の顔を持っていた。メリダに才能が認められなかった特、彼女を暗殺する——その決断をクーファがした時、全ての運命が変わっていく。

13歳の無能才女を育成することになった腕利きの暗殺者。クーファはクールな雰囲気であるが、内面ではお嬢様=メリダにデレデレで結構なヘタレだったりするところのギャップが、まあ面白い。メリダもメリダで先生であるクーファにデレデレなので、何なのこの歳の差パカップルは、と思う訳です。(笑)

本作が本格的に盛り上がってくるのが物語が折り返し。クーファの指導によってメリダが能力者として目覚める頃から。もう少しメリダの育成に時間を割いても良かった気がするけど……でも長すぎても飽きてしまうからこれくらいで良いのかな、とも思ったり。というのもマナに関する設定が覚えにくい、頭に入ってこないところがあった。もっと設定周りは簡潔にして欲しかったなあ、と思ったのは僕だけですか? あ、はい。