読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「ブログ開設から5年が経ちました」

あやかしがたり (ガガガ文庫 わ 3-1)
気がついたらブログ開設から5年が経っていました。当初は3日坊主で終わるかと思っていたのですが、3年近くもほぼ毎日更新を続けることができ、今も尚情熱を失わずにいられるのは皆様がこのブログを支えてくれたおかげです。本当にありがとうございます!

さて、この5年間いろいろなことがありました。ここで簡単に振り返って行こうかと思います。

1.ラノベが好きな友人・知人が増えた

これが一番大きかったかな、と。まあこれはブログだけでなくTwitterの方が主だったような……単にラノベが好きなひとりの読者で終わっていたらこれほど多くの「ラノベ読み」たちと出会うことはなかったのは間違いないです。しかしTwitterで交流を始めた時はまさか会って定期的に遊ぶようにまでなるとは思いもしませんでした。出会った当初は学生だったラノベ読みも今では社会人ですよ。時が経つのは早い。

2.結婚して子供ができた

僕ですら驚くぐらいだったので周りの人はもっと驚いたでしょうね。息子もそろそろ1歳になります。ラノベを読もうとすると妨害をし、感想を書こうとするとメガネを奪いにやってくる息子と戦いながらこれからもブログを更新していきます。

息子よ、お父さんの読んでいるラノベをバラバラに引き裂こうとするのは止めてくれ!

3.このラノとか帯コメント

まさか毎年買っていた宝島社『このライトノベルがすごい!』に関わることになるなんて夢にも思わなかったよ。毎年編集者様にご迷惑をおかけしながら作品紹介文を書くのも恒例行事となってきています。(おい)

また集英社様からお声がけいただきましてスーパーダッシュ文庫『クライシス・ギア』2巻の帯にコメントを寄せる貴重な体験もしました。ええ、僕は今でも三上康明先生、白井鋭利先生、その節はありがとうございました! 僕は今でももちろん三上派です(ボソッ)

4.応援していた作品が大空に羽ばたいた

このブログの一番最初の記事は、実はガガガ文庫『あやかしがたり』だったりします。ええ、皆様もご存知の大人気作品『やはり俺の青春ラブコメはまちがっている。』著者・渡航先生のデビュー作。そういった縁(?)もあって、ブログにバナーを掲げたり応援記事を書いたりと微力ながら俺ガイルを支えてきた経緯もあったので、今日の俺ガイル人気を見ると、「思えば遠くへ来たもんだ」と勝手に感慨深く思ったりなどします。

\ワッタリーン/


簡単にまとめるとこんなところかな?
これからもブログは更新し続けますので引き続きよろしくお願いいたします!