読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「俺を好きなのはお前だけかよ (2) 」感想

俺を好きなのはお前だけかよ (2) (電撃文庫)

〈あらすじ〉
ここで質問。ある日突然、複数の美少女とラブコメイベントが発生したらどうする? もちろん迷わずラッキースケベるよね? でも、もしスケベると自分の人生が終わるとしたら……どうする? 俺こと如月雨露は、今その状況にいます。
「一人の男が、何人もの女の子とバカップルのようなことをする。それなのに、特別な関係じゃないと言い切る。これで周りに納得してもらえるのは、ラブコメの主人公ぐらいですよ?」
そういえば俺はモブだった! 俺がラブコメの主人公だったら、許されたのにぃぃぃぃ! つーか、可愛い系幼馴染みのひまわりとクール美人なコスモス会長の二人とは、『あの一件』で気まずい関係になったのに、なんで俺はひまコスと、こんなラブラブ体験してるんだ!? 相変わらずエスパーな根暗眼鏡少女ことパンジーよ、お前はまざってこんでええ。俺は今もお前のことは大っ嫌いだから。彼の身に一体何が!? 一年前の高校野球地区大会決勝戦にまつわる真(新)ヒロイン?も登場し、予断は許さぬ第二巻!

いやー、本当に読んでいて楽しくなる作品だよなあ。心がウキウキするんですよ。お約束をテンポ良く繰り出してくる。素直に書き方が上手い!

前回の終わりが終わりだっただけに、さてさてジョーロとひまわり、コスモス、サンちゃんの関係はどうなるのか?……とドキドキしていたけれど、ちゃんと仲直りできて良かった。この仲直りイベントだけで1冊消費してしまうのでは、とも思っていたのでサクッと関係を修復、どころかより絆を強くしたのがとくにグッド。

そんなこんなで第2巻が本格スタート。新ヒロインは新聞部の記者・方言娘のあすなろ。おや、この作品、ヒロイン追加要素があるのか。ひまわり、コスモス、何よりもパンジーのインパクトが強すぎてこれ以上増えないのかと勝手に思ってました。このあすなろの策略によって再び周囲の避難を受けるが、まあ今回は孤立することはなかったのだけど。

しかしパンジーの可愛さは他ヒロインを圧倒しているな。真の姿を見せているのは作中、それほどの量ではないのに。流石はメインヒロインさんだけある。

あ。次も新しいヒロインが投入されるんですね。ジョーロさん、あんたはどんだけフラグを立てているんですか……(笑)