飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「ソードアート・オンライン11 アリシゼーション・ターニング」感想

ソードアート・オンライン11 アリシゼーション・ターニング (電撃文庫)

〈あらすじ〉
キリトが謎のファンタジー世界に入り込み、ユージオと出会って二年が過ぎた。≪北セントリア帝立修剣学院≫の≪上級修剣士≫となった二人は、人界最強の秩序執行者≪整合騎士≫目指し、修行の日々を過ごしていた。
≪上級修剣士≫のキリトとユージオには、身の回りの世話役があてがわれる。キリトにはロニエ、ユージオにはティーゼ。四人は互いに絆を結び、充実した修士生活を過ごしていた――その時。突然、≪悪意≫はやってきた。ロニエとティーゼが、下劣な貴族達の罠に嵌められる。それを知ったユージオは彼らに対して剣を抜こうとするも、教会への信仰心で身体が動かない。その時、ユージオの右目に凄まじい激痛が貫き、奇妙なしるしが浮かび上がる。それは、ユージオには読めない神聖文字の羅列だった。

「読書メーター」でのSAO登録数が他を圧倒していてもう平伏したいレベル。SAOさんマジパネェっす。やー、でもSAO面白いもんね。そりゃあみんな読みますよ。(実感)(納得)

今回から本格的に参戦する主人公ズの傍付きであるロニエとティーゼ。この子たちは良い子ですなあ、と顔をニヤけせるほど可愛い後輩ちゃんですが、口絵を見た時点で悪い結末が待っているの知ってしまいました。

ライオスとウンベール。腹ただしい言動ばかりの貴族の嫌がらせにユージオが晒されてかなりフラストレーションが溜まる展開に。しかしユージオ視点が主だったせいか、本当に異世界ファンタジーモノだな、と思ったりも。このまま序列を押し上げて突き進む王道の展開になっていくと一体どれだけ長い時が必要なのか。

などと疑問に思っていたら、ロニエとティーゼに懲罰と称していかがわしいことをしようとしたアホ貴族二人に対し、ついにユージオさんがガチ切れして覚醒。世界の法則に背いてウンベールの腕を切り落とすと、我らがキリトさんが颯爽と現れてライオスを撃退、殺すという怒涛の流れです。正直、読んでいて気持ち良かったというと微妙な感じではある。むしろ世界の法則に逆らって果たしてキリトとユージオはどうなるのかにドキドキしたかな。

新しい展開に派生して、ようやく先に進んだように思える。整合騎士になると記憶を奪われるのか。それでアリスは……キリトとユージオそれぞれの目的が見え始めてはきているけど、ユージオが覚醒したのに実験が移行しない理由や、「アンダーワールド」外部に不穏な何かを持つ者がいるなど示唆されていて、見えざる何かの恐ろしさを感じた。