読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「ソードアート・オンライン (14) アリシゼーション・ユナイティング」感想

ライトノベル 電撃文庫

ソードアート・オンライン (14) アリシゼーション・ユナイティング (電撃文庫)

〈あらすじ〉
《公理教会》の象徴である白亜の塔《セントラル・カセドラル》。隔離された大図書室の賢者《カーディナル》の助けを借り、ユージオは整合騎士となってしまったアリスを《本当の姿》に戻すため、キリトはこのアンダーワールドの消滅を回避するため、最高司祭《アドミニストレータ》の待つカセドラル最上階、一〇〇階を目指す。そして到達した九十九階。キリトとアリスの前に現れたのは、整合騎士の鎧に身を包み、瞳に冷たい光を浮かべたユージオだった。躊躇いなく剣を抜くユージオを、やむなく迎え撃つキリト。旅立ちの日、遠い雷鳴に感じた戦いと別離の予兆は真実となってしまうのか。キリトの必死の呼びかけは、記憶を封じられたユージオに届くのか。アリシゼーション《人界編》、完結!

最終決戦!
もうバトル、バトル、そしてバトルの一冊でした。熱いねー滾るねえ!

アドミニシトレータを撃ち破るため、多くの命が散っていきました。ユージオくん、さようなら。そしてさようなら。犠牲もあって勝利し、さあ現実世界に帰還か……と思っていたらあっちはあっちで大騒ぎ。妙な伏線はあったけど、その件かな。

あらすじに書いてあるのを見落としていたんだけど『アリシゼーション』人界編なんですか、今までのは。これからはダークテリトリーの方をやるのかなあ。風呂敷が大きすぎるよおー!