読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「ソードアート・オンライン (15) アリシゼーション・インベーディング」感想

ライトノベル 電撃文庫

ソードアート・オンライン (15) アリシゼーション・インベーディング (電撃文庫)

〈あらすじ〉
「キリト、教えて……。私は……どうすればいいの?」
最高司祭アドミニストレータを倒した代償、それはユージオの死、そしてキリトの精神喪失だった。激闘から半年後。アリスは、意志の無い虚ろな表情で車椅子に乗るキリトと≪ルーリッドの村≫に身を寄せていた。整合騎士としての役目≪人界の守護≫をベルクーリに託したアリスは、心を失ってしまったキリトと静かに暮らすことを選んだのだ。そして、≪アンダーワールド≫には、賢者カーディナルの預言した≪最終負荷実験≫が刻一刻と近づきつつあった……。≪ダークテリトリー≫からの邪悪な息吹が≪人界≫に流れ込み始める。ついに、恐るべき闇の軍勢が動き出そうとしていた。

『アリシゼーション』編新章突入です。イヤッホー! やったぜー! 気分一新、楽しんでいこうぜ!……と、いうことで大いに楽しみました。人界とダークテリトリー側との全面戦争。さあさあ盛り上がって参りましたよ。

まずは前半。現実世界では「アリス」を求めての攻防戦が発生。敵側のリーダー・PMCのガブリエルは「アンダーワールド」にログインして「アリス」を奪取することを思いつき、しかもダークテリトリー側の親分・皇帝ベクタのアカウントで攻め込もうとする。ベクタ=ガブリエルの圧倒的な力、存在感……(ゴクリ)

対する人界側はといえば、抜け殻となったキリトを支えるアリスを始めとする整合騎士といった僅かな戦力。予想のとおり、人界側が圧倒的不利だけど他に戦力はいないからなあ。現実世界からの救援を求む!

後半からババーンと新章突入のセンターカラー。アリスは良いキャラになったなあ。キリトを介護し、人を想うことのできるアリス。重要なキャラクターとは思っていたけど、こんなに前面に出てくるキャラになるとは驚き。

ロニエとティーゼが再登場して、うん、この子たちもとっても良い子だ。キリトよ、はよ復帰しなさい。そのキーになりそうなのが、「アンダーワールド」に参戦しそうなアスナさんですが。うーん、これまでアリスが頑張ってきたただけに、アスナがやってくるとなあ。全てを掻っ攫っていきそうだな。