読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「ソードアート・オンライン プログレッシブ 2」感想

ソードアート・オンライン プログレッシブ (2) (電撃文庫)

〈あらすじ〉
アインクラッド第二層のボスモンスターを、激闘の果てに倒した“ビーター”のキリトと、その暫定的パートナーである細剣使いアスナは、次なるフロアへの階段を上る。第三層。そこで二人を待ち構えていたのは、フロア全体を深く包み込む大森林と、初めての大型キャンペーン・クエストだった。森の中で戦う二種族のエルフの騎士たち。そのどちらかに加勢することで、クエストは開始される。“ベータテスト”時は必ず相討ちになっていた二人のNPCだが、キリトたちは黒エルフの女性騎士“キズメル”を生き残らせることになぜか成功してしまう。ベータ時との違いに戸惑いながらも、NPCであるキズメルと交流を深める二人。一方、他プレイヤーたちによって、ついに第三層初の“攻略会議”も開催される。そしてその会議の場で、キリトとアスナは、ひとつの重大な選択を迫られる…。

「プログレシッブ」ではなく「プログレッシブ」だったことに気づいた顔をしている。思い込みって怖いですね。でも「プログレシッブ」の方が言いやすくないですか?(見苦しい)

三層に辿り着いたキリトとアスナ。二人は初の大型キャンペーンイベントに挑みますが、ベータテスト時代とは違ったシナリオになっていきます。NPCのダークエルフのお姉さま・キズメルを仲間に加え、心を通わせるようになるというお話。

先に読んでる「アリシゼーション」の印象もあってまるで心を持っているかのように人と言葉をかわすNPCを見ていると、キリトたち同様、本当の人のように接してしまうだろうなあ。またキズメルさんが良いキャラしてるから。

それと他ギルドとのイザコザに巻き込まれるところがどうもイラッとしてしまう。おまえらもっと仲良くしろよ、完全にラフコフのあの人に踊らされてるじゃないですかー。