読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「ソードアート・オンライン プログレッシブ 4」感想

ライトノベル 電撃文庫

ソードアート・オンライン プログレッシブ (4) (電撃文庫)

〈あらすじ〉
自身の仮想体(アバター)の死が現実の死となるデスゲーム《ソードアート・オンライン》に閉じ込められて二ヶ月弱。攻略の最前線であるキリトとアスナは第五層へと到達していた。迷路のような街並みと極端に森や川などの自然が少ないこの≪遺跡エリア≫エリアで、二人はゲームの醍醐味でもある≪遺物拾い≫をこなし、アイテムやコル(お金)を稼いでいく。一度第四層に戻り、ダークエルフの城主ヨフィリスから≪クエスト報酬≫をもらったのち、続いてキリトは街の地下墓地で発生する小規模な《クエスト》のクリアを提案する。アスナも賛同するが、それが彼女の不幸の始まりだった。そのクエストには、強力なレイピア使いであるアスナがもっとも苦手とするモンスターが登場するからだ。そう、墓地といえば――。
果たして、アスナは恐怖心を克服し、第五層を攻略できるのか……?

ついに現状発売されているSAO最新刊まで読み終えましたよ。長かったような、そうではなかったような。面白い作品は時間を忘れて読み耽ることができるからねえ。そういう意味では長いとは感じなかった。

感想行きます。
「圏内外が分かりにくい」という第5層です。PKを警戒しないといけないことを明示して、最後にしっかりフラグを回収しにきましたね。ラフコフ結成はこれからになるのかな。今回は事情あっての変則パーティで苦戦はしたけど、最後のラフコフ暗躍に全部持ってかれた感じがする。

キリトは色んなことに気を回して、アスナではないけれど、なんでこんなに苦しんでまで駆けずり回ってるのかな、と。まあそれが主人公さん……キリトさんらしいと言えばキリトさんらしいけど。(笑)