読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「アクセル・ワールド〈3〉夕闇の略奪者」感想

ライトノベル 電撃文庫

アクセル・ワールド〈3〉夕闇の略奪者 (電撃文庫)

〈あらすじ〉
「ゲームオーバーです、有田先輩…いえ、シルバー・クロウ」学内一の美少女・黒雪姫との出会いによって人生が一変した少年、ハルユキ。デブでいじめられっ子だった彼も、立派な“騎士”として成長していた。季節は春。二年生となったハルユキたちの前に、奇妙な新入生が現れる。“ブレイン・バースト”のマッチングリストに現れず、しかし日常では“ブレイン・バースト”を巧みに使いこなす謎の一年生。黒雪姫が修学旅行で不在の中、“ダスク・テイカー”と呼ばれる歪なデュエル・アバターを出現させた一年生は、圧倒的な力でハルユキから『大切なもの』を奪っていく。再び中学内格差最底辺に堕ちたハルユキ。絶体絶命の彼がその時とった行動とは…。

まだ3巻なのに黒雪姫が修学旅行→沖縄行きで暫く離脱……だと……!?

ハルユキたちの留守番じゃだいぶ心配だぞ。チユリもバーストリンカーになってしかも「回復能力」持ちという、身内がレアアビリティだらけの状況。そりゃあタクムも必死になります。

新一年生の中に不気味なバーストリンカーが存在し、弱みを握られてハルユキが危機に陥る今回のお話。いやー、かなりストレスの溜まる展開でしたね。特に新一年生こと能見の嫌らしい手口が最高に腹が立ちますわ。ハルユキはハルユキで過去の「イジメ」があって、心が折れてしまいそうになるし。アッシュとお師匠がいなかったらハルユキ=シルバー・クロウは終わっていたんじゃないか。アッシュさん、これは良い腐れ縁キャラになってくれそう。

全体を見ると今回はシルバー・クロウが修行をしてさらなるステップに昇ると同時に、能見のような「王」には属さない謎の勢力がいることが分かるという新たな流れとなっている。能見をぶちのめしてスッキリ終わり……かと思ったらチユリの裏切り(?)によって牽制逆転。まあ事情ありなんだろうけど、この話はまだ引っ張るのね。