飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 10」感想

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか 10 (GA文庫)

〈あらすじ〉
理知を備えるモンスター『異端児(ゼノス)』との邂逅も束の間、ベルはウィーネと引き離されてしまう。 懊悩の日々に埋もれるベルだったが、ウィーネにも魔の手が迫ろうとしていた。 そして、
『武装したモンスターの大移動を確認! ギルドは討伐任務を発令します!!」
暴走する『異端児(ゼノス)』によって賽は投げられた。 引き鉄となったのは暴悪な狩猟者(ハンター)達、代償は都市の全派閥を巻き込む動乱。 激動のオラリオで少年は決断を迫られる。 憧憬と怪物、現実と理想、英雄と罪人。 人類とモンスターの狭間で、ベルは──
「君は、本当に愚かだな……」
これは少年が歩み、女神が記す、
──【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

前回の終わりから次は嫌な巻になりそうだな、と思い、あらすじを読んでその予感をさらに強めた訳ですが。いやー、良かったんだけど後味が悪いというか、何というか。

読者側は全てを知っているのでベルの行動を肯定することができるけど、まあ、そうでない側からするとベルが自分勝手で身勝手な奴にしか見えないのが。これはモヤモヤとする。敵側のファミリアがムカムカする連中だっただけに余計に、ね。ベルの一途な想いが、結果としてベルの評価を地の底まで落としてしまったのが。果たしてアイズは何を想っているのか。

ベルの問題もあるけど、まだ『異端児』たちも地上にいてダンジョンに戻れてはいないので、こう危機は脱していない感じが。ムムム。

あと個人的には『ロキ・ファミリア』が鬱陶しく思えてきてならないなあ、と。対してフェルズに対する好感度はグイグイ上がっております。(笑)