読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「エイルン・ラストコード 〜架空世界より戦場へ〜 (4)」感想

エイルン・ラストコード 〜架空世界より戦場へ〜 (4) (MF文庫J)

〈あらすじ〉
ロボットアニメの世界から召喚されたアニメキャラクター・エイルン=バザット。エイルンが現れて以後、複数の規格外十番の戦線復帰&本領発揮により、氷室義塾は対マリス戦に連戦連勝。全盛期並の大戦果を記録していた。その事実に元機兵部三番隊隊長・七扇大和は驚愕。「氷室義塾は、必ず俺が潰す」初代機兵部隊長の神無木緑、そして多くの仲間を喪い、過去の怨嗟に囚われたことで氷室義塾転覆を狙っていた大和はエイルンの調査を開始する。一方、エイルンは虐げられたヘキサに対する世界の在り方を変えるため、生存する全ての規格外十番を集め、壮大な計画を立ち上げる!爆発する爽快感! とにかく熱くて、火傷する、新世代ロボットライトノベル第四弾!

「エイルン・ラストコード」の最大の弱点はキャラクターが多すぎて名前を把握しきれない、だと思ってます。え? 分かってないのは僕だけですって? おじいちゃんですいません。
でも紫貴さんのことは存じております。インパクト強すぎなんだって。

と、言うわけで感想。
仲間集めの回。集めるよりも呼び戻すの方が正解か。これだけドンドンとキャラクターが出てくると誰に注目すればいいか分からんちんになるけれど、とりあえず斜に構えてるのか素直くんなのか……七扇を引き込むのがメインになる。しっかしエイルンは糞熱いなあ。実績があるからそれが鬱陶しくないから、まあそれが彼の強さなんだろうね。

エイルンというカリスマのもとに続々と優秀な仲間たちが集まってきますが、ますます僕は名前を覚えられなくなります。