読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「妹さえいればいい。 5」感想

ライトノベル ガガガ文庫

妹さえいればいい。 5 (ガガガ文庫)

〈あらすじ〉
伊月の担当編集である土岐健次郎(趣味:風俗通い)の推薦でGF文庫編集部でアルバイトすることになった白川京だったが、彼女を待ち受けていたのはバイトの領域を超えた恐るべき労働の日々だった。伊月や那由多といった問題児作家からの原稿回収、蚕のマンガのモデル(全裸)、那由多の取材(全裸)、連日の飲み会、作家や編集者からの無茶振り……。労働基準法なにそれおいしいの? 社会の厳しさを知り大人の階段を登る京(全裸)に、恋愛方面でも変化が……!? 身も心もさらけだす出版業界ラブコメ、衝撃の第5弾!!

今回は京が話のど真ん中にくることが多かったなあ、と。那由多にしても京にしても、ヒロインが素敵すぎて辛いまである。恋愛関係的な意味合いで。

編集者としてスタートした京……仕事っぷりはいずれにしても「想い」は一人前以上、ではあるけれどあんま「編集ラノベ化」はして欲しくない気がするけど。あくまでも個人の感想。アニメスタッフと伊月が揉めるところは、まあなんだ、脚本化さんの話も分かるかなあ。でもその恵まれ待遇は理解できんぞ。許しちゃおけねえ。

ラストの告白は良かった。やっぱこの続きが気になる引きが楽しいわ。