読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「29とJK ~業務命令で女子高生と付き合うハメになった~ 」感想

29とJK ~業務命令で女子高生と付き合うハメになった~ (GA文庫)

〈あらすじ〉
目つきは怖いが会社では一目置かれている29歳社畜・槍羽鋭二。 ゲームや漫画が好きで、休日のネカフェを癒やしに日々を生き抜いている。
ある日、槍羽は《あること》で説教した女子高生・南里花恋からコクられてしまう。14も年下とは付き合えないとキッパリ振るが、後日社長から呼び出され――「業務命令。孫の花恋との交際を命ずる」。
なんなんだこの会社!? 絶対に辞めてやる!(入社以来17回目)
だが始まってしまうJKとの交際。妹が、元カノが、会社の部下が、世間の目が槍羽の前に立ちはだかる! 29歳とJK、〝禁断の〟年の差ラブコメ、はじまる!

読む前に思ったこと。それはカバー……というか主にタイトルを見られたら社会的にちょっとした死を迎えるんじゃないかなあ、と。守りたいものがある人はブックカバー必須ですね!(輝く笑顔)

人相の悪い29歳の青年・槍羽鋭二は仕事ができる社蓄である。ある日、趣味の漫画などを楽しむため、漫画喫茶に引きこもっていた槍羽は、ひとりの女子高生と出会い……恋を「されて」しまう。29歳とJK、干支一周どころでは聞かない歳の差があることもあって、女子高生・南里花恋をフッた槍羽であったが、後日、驚きの業務命令によって、花恋とお付き合いをすることになる。槍羽の勤めている会社社長の孫娘と付き合うことになり、彼女の対応に四苦八苦すると同時に、さらにとんでもない仕事を与えられてしまい……。

本を手に取った瞬間、ちょっとページ数多いなあ、と思っていたけれど読み始めたら軽快にページを捲れること捲れること。心地の良い頭の悪さ(言うまでもなく褒め言葉)は脳みそとろけて最高に好き。しかしタイトルで誤解されそうだが、二人の恋は真剣そのもので、さらには仕事人間である槍羽の仕事への向き合い方、人間関係を含めても真剣であり、ページを捲れる手にも力が入る。

かなり無茶な展開ではある。しかしそれが気にならないほどテンポの良い物語回し。1冊の本としては完璧な出来栄えなので、これは色々な人に読んで貰いたいなあ。