読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「最弱無敗の神装機竜《バハムート》10」感想

ライトノベル GA文庫

最弱無敗の神装機竜《バハムート》10 (GA文庫)

〈あらすじ〉
「フィーちゃん。パーティでは、その……僕のお嫁さん役、だからね」
世界連合の裏切り者を特定するためルクスとフィルフィは、新婚旅行に扮してヘイブルグ共和国に潜入。 かつての旧帝国を思わせる情勢の中、苦戦の末に全ての元凶たる『鋼の魔女』ローザを打ち破ったかに思えたが、その結末は……。 更に時を同じくして、世界を支配せんとする真の悪略が、新王国第一遺跡『塔』を舞台に動き始める。 謎に包まれた真実へ到達し、ルクスが自らの答えを取り戻したとき、幼馴染との旅は終点を迎え、『悪たる王』の正体と激突する!!
王道と覇道が交錯する、""最強""の学園ファンタジーバトル第10弾!

バハムートも、もう10巻になるんですねえ。そんなに読んできた気がししない。結構良い敢行ペースだったんだなあ、と。

と、いうことで今回はフィーちゃんが可愛いの回でした。違うか、いや正解だった。ふわふわしてるけど、フィルフィもまた芯が強くて譲らないなあ。