読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「我が驍勇にふるえよ天地 ~アレクシス帝国興隆記~」感想

ライトノベル 新作 GA文庫

我が驍勇にふるえよ天地 ~アレクシス帝国興隆記~ (GA文庫)

〈あらすじ〉
天下無双――アレクシス大帝、レオナート一世の驍勇は真実そう評される。 しかし、後に大陸統一を果たす彼も、若き日には""吸血皇子""の汚名を着せられ、故郷を奪われた、武骨で不器用な青年でしかなかった。 これは、大反撃の物語である。 再起を誓ったレオナートはまさに一騎当千! そして一本気な彼に惹かれて集うは、神とも魔物とも例えられる数多の名将、賢者、才媛、奇才。やがて彼らは腐敗した祖国を呑みこむ一大勢力となり、群雄する大国全てと渡り合っていく!
痛快にして本格――多士済々の英雄女傑、武勇と軍略が熱く胸を焦がすファンタジー戦記、堂々開幕!!

久しぶりに読むあわむら作品です。『聖剣使いの禁呪詠唱』ってアニメになってたんですねえ。(驚き)(遅い)
タイトルを見たときにまず思ったのは「『驍勇』…これは一体何と読むのか?」でした。これが語彙力です、本当にありがとうございました。略称は「アレクシス」で良いんですか?(どうでもいい)

と、いうことで久しぶりに読んだあわむら作品の題材は「戦記モノ」です。読み終えて感じるこの気持ちの良さ、爽快感は素晴らしい。序盤、主人公のレオナートに降りかかった卑劣な策略を終盤で見事仕返しするこの王道の流れ。これを一冊でやり切ってくれていることが読み終えての気持ちよさに繋がっている。引き延ばされていたら一転、燻った腹立たしさが収まらなくなるよ!

心技体揃ったレオナートには、彼を慕って仲間たちが続々集結していく。朴念仁であることを除けば、いやある意味この朴念仁も長所と言えなくもない……無敵のような青年であり、今のところ戦場で負ける気がしないのだけど、この後は彼が危機に陥るような絶体絶命な展開も用意されているのかな。2巻はすぐ発売するようなので楽しみ。