読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「俺を好きなのはお前だけかよ (3)」感想

俺を好きなのはお前だけかよ (3) (電撃文庫)

〈あらすじ〉
『俺に尽くしたい』と切に願う、転校生の美少女。歴戦のラブコメ主人公のみ許されるオンリーイベントが、モブキャラな俺に到来だと! ?
でもな。ちょっと待ってほしい。世のラブコメ主人公と呼ばれる奴らは、転校生が急に好意を示してきたら、次の行動は実は『うろたえて拒否る』なのだ。ほんと、頭おかしいと思う。だが、俺は違う。徹底的に甘える。ひまコスも一緒に(パンジーはいらん)、モブだからこそ出来るハーレムルートを俺はゆく! ん? それじゃあタイトル詐欺だって? そ、それは後でなんとかする。そんな姑息な誰かさんに天罰が下ったのか、せっかく真実の姿になってくれた最強(属性:美少女タイプ)のパンジーと、俺は大喧嘩をしてしまう。……今回は俺が一方的に悪ぃ。仕方ねえ……こうなったら、覚悟を決めてパンジーに『告白』だ! !

三連チャンでパンジーが表紙を飾るこのブレなさは凄い。3巻までこれだと構図が出尽くしても他ヒロインに乗り換えるのが難しくなる。というか、パンジーが圧倒的メインヒロイン扱いなんだよなあ。まあパンジーだけは裏切らなかったからそりゃあそうか。

もはやタイトル詐欺なのを公式がネタにし始めるレベルの本作ですが、相変わらずジョーロはアホ面白い男だった。どんなヒロインが出てきて「お? ハーレムルートですか?」と思っても最後には嫌い嫌いといいながらもパンジーの元に帰ってくる。パンジーとしても、今回はジョーロに「弱味」を見せたり、ある意味人間味を感じられて良かった。何考えてるか分からない……そのイメージが少し氷解した。

しかーし、何というか。ラブコメ全般に言えることなのだけど1巻がピークにきてその後からはそれを上回ってくるケースが少なく、この作品も例外に漏れずなところが。いや、それでも十分面白いのだが。言い換えると1巻が面白すぎたんだね。流石は電撃文庫の新人賞作品やでえ。