読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「穿天のセフィロト・シティ」感想

ライトノベル 新作 電撃文庫

穿天のセフィロト・シティ (電撃文庫)

〈あらすじ〉
72時間の《デッドタイム》――これが地表遙か上空に生きる樹層都市の人間に定められた命の残量だ。全人類に等しく課せられた絶命へのカウントダウンを断ち、72時間までリセットする唯一の方法――それは《生命樹》から生まれる《罪獣(グリム)》を倒し、その骸に生る"禁断の果実"を口にすること。ただそれだけだった。デッドタイムの急激な消費と引き換えに、特殊スキルを発動させるデバイス《罪匣》を操り、禁断の果実を収穫する者たち《罪獣狩り(グリムリーパー)》。その一人である如月キサキは、妹のユイハ、相棒のロウナと共に罪獣の領域へ踏み入る。そこで彼らが出会ったのは、命の残量が無限の少女で――。
それは人類の悲願"72時間の呪いからの解放"を目指す、恐るべき陰謀の幕開けだった。

やっぱり、ぽんかん神、100人乗ってもダイジョーブ!……深い意味はありません。強いて意味を言えば、ぽんかん神だから買いました。そして読みました。あれ? 結構深い意味じゃね?

と、いうことでやたらと電撃文庫がプッシュしていた新作。ぽんかん神の表紙が眩しいです。これは買わずにはいられないってばよっ! 勝手に新人賞作品かと思っていたのですが。作者は最終選考からの拾い上げの方ですかねえ。

まず目を引くのは「寿命が72時間であり、それをリセットするには特殊な果実を食べなければならない。そうしなければ死ぬ」という独特の設定と世界観。おじさん……いえ、お兄さんはこういう設定好きです。タイムリミットが近づいてくるとドキドキしちゃう。またこの世界で言うところの異能や、怪我を負うとその分を72時間から差っ引かれる設定もあって、これが結構面白かった。箱のようなモノから物を取り出したりとか、異能を使ったりとかがスタイリッシュ。あれ? スタイリッシュって言葉あんま使わないけどこの使い方であってる?(汗)

タイムリミットが無限という奇妙な少女を救出したことから陰謀に巻き込まれることになる……この辺りの物語展開はある意味ではお約束のような出来栄えで、安心感はあったものの目新しさやワクワク感はそれほど覚えなかったかな。新人賞作品、と思ったのもこのお利口さんにできたストーリーラインを見たから。これ、本格的に幕開けするのは次巻からだよね? そう考えると期待感は高いかなあ。妹ちゃんは素直になってからが本番。