飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンXI」感想

ねじ巻き精霊戦記 天鏡のアルデラミンXI (電撃文庫)

〈あらすじ〉
イクタの推挙によって、三等文官として国政に携わることになる少女ヴァッキェ。アナライ博士の弟子で、イクタの妹弟子でもある彼女は、とても子供っぽく、見た目は愛らしいのだが、たしかに尋常な人材ではなかった。厳粛な空気が流れる国政の場では、誰もが畏れる女帝が相手であっても理路整然と反論を声高に唱えて周囲を凍りつかせ、日常生活の中では、シャミーユが一人静かに食事をしている場に乗り込んでいって「一緒に楽しく食べよう」と女帝の顔をひきつらせる……。その無邪気さと人懐っこさと狂気を発揮する彼女は“劇薬”として、硬直した帝国や女帝シャミーユを、どのように変えていくのか? 一方、元帥となったイクタをはじめ、トルウェイ、マシュー、ハロたちも、カトヴァーナ帝国を変えるべく、新たな地位に見合った行動をそれぞれ始めていた――。
いよいよ新展開へ向かって物語が転がり出したXI巻から目を離すな!!

感想の方でのブログ更新はどんだけ振りですか、と。二ヶ月ですか、そうですか。うん、誤差誤差……年内残りはもっと更新して行きたいと思います。それでは感想です。

アルデラミンってアニメ放送してたんですね。いや、びっくり。いつの間に始まって終わってたんですか。

胃が痛くなりそう新章から一転、イクタの妹分であるヴァッキェが掻き回しまくる今回のお話。まさに劇薬。ぶっ飛んだ存在であるヴァッキェに反発するシャミーユだったけれど、まあ言ってることは間違っちゃいないし、ズカズカ心の隙間に踏み込んでくる彼女に次第に距離を縮める(?)のだった。シャミーユがシャミーユとして相対できる人物ができたのは、イクタの狙い通りである。

またもうひとり。本心を明かしたハロにもまた試練があったりと役割が与えられてなかなか良かった。

そして始まった三国会議。咬ませ犬として名高いジャンさん見てるのちょっと辛いので、たまにはイクタに勝たせてあげる展開にしてあげられませんか。次回はアナライが掻き回してくれそうだなあ。