読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか11」感想

ライトノベル GA文庫

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか11 (GA文庫)

〈あらすじ〉
少年(リトル・ルーキー)の名声は地に堕ちた──。
竜の少女(ウィーネ)を救った代償として人々からの信用を失ったベル。 悪意と失意の狭間で少年は傷付き、苦悩する。だが、
「迷わないで。貴方の側には失われないものがちゃんと残っています」
出会いの絆に支えられ、決意を新たにした少年は仲間とともに立ち上がる。 再び戦場へと変わる迷宮街で決行される『異端児(ゼノス)』帰還作戦。 その前に立ちはだかるは都市最強(ロキ・ファミリア)。 賢者の知恵、勇者の策、神々の思惑、そして黒き獣が咆哮を上げる時、少年の心は回帰する。
「僕……強くなりたいです」
これは、少年が歩み、女神が記す、
──【眷族の物語(ファミリア・ミィス)】──

後味の悪い前回から引き続き、今回も『異端児』たちとベルくんの想いの物語です。読者としてはだいぶモヤモヤさせられたので、今回は綺麗にかつ気持ち良く終わってくれると嬉しいなあ、と思っていたのでホッとしてる。

『異端児』をダンジョンに戻す上で『ロキ・ファミリア』の強さは知っているので手強さは感じたけど、恐ろしさはやはりヘルメスのあの言動だな。寧ろ、ああまでヘルメスを、そしてフレイヤを惹きつけるベルくんが恐ろしいまであるわ。ヘスティア様はベルくんを留めておけるのか、と思うレベル。いや、さらに言えばヘスティア様がスゴイまであるのか。

ベルくんの名誉回復の方法について「そうきたか」とは思ったものの、またモヤモヤしてしまうぞ。なのでアステリオス戦に雪崩れ込んだ展開はもう熱すぎるわい。燃え上がるわ。この死闘はさらなる成長を促す。ベルくんはもっと自分に正直に、我儘になっていいと思うぞ。

アイズとの関係もまた新たなステップに至った、のかな。しかし女性関係が複雑すぎてもう何がなんだか……(苦笑い)