読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「僕と彼女のゲーム戦争10」感想

僕と彼女のゲーム戦争10 (電撃文庫)

〈あらすじ〉
周囲の同級生の間では進路という話題が出始め、再び頭を抱える岸嶺。どうせなら将来はゲーム関係の仕事に就けないかとなんとなく考えていたとき、権田原からある提案を受ける。それは人が足りないので練習試合に参加してくれないかというものだった。練習試合に参加することと引き替えに、岸嶺は権田原に進路について相談を持ちかける。悩める岸嶺に、権田原はチームメンバーを招集していくつかの進路を提示した。一方、現代遊戯部ではJGBCで上位に食い込むため、自分達の得意なゲーム大会に照準を絞っていた。そして迎えた大会の日、岸嶺たちは奮闘するが、そのとき目の前に立ち塞がったのは強大なライバルたちだった──。
岸嶺の進路と大会の行方は!? 『ゲーム戦争』最終巻!

最近はFF15……ではなくFF5をプレイしています。思えば自分が初めて本格プレイしたRPGがFF5でした。なのでリメイクされたFF5をやっているといろいろと懐かしい思いが、いやそれ以上に「小学生の僕、よくこれをクリアできたなあ」と妙な感心をしてしまったり。クルルは本当に可愛いですねえ。

PS4? Amazonプライムビデオ再生機として頑張っております。『ウォーキング・デッド』マジオススメなので観るべき。(目のハイライトなし)

切りの良い10巻で完結となった本作。卒業に向け進路に悩む岸嶺……ここまでゲームを楽しんできたのだから、ゲームに関わる仕事をしたいなあ、読者としてもそうして欲しいという思いに突き進んでくれる主人公さんでした。最後の最後までゲームやり放題っすな。ゲームに関わり続けるところは良いのだけど、岸嶺さん、ヒロインの誰も選ばずに終わってしまったのはちょい残念。まあ予想はできましたが(笑)