飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「りゅうおうのおしごと! 6」感想

りゅうおうのおしごと! 6 (GA文庫)

〈あらすじ〉
「重度のロリコンですね。治療法は死ぬしかありません」
竜王防衛を果たし、史上最年少で九段に昇った八一。二人の弟子も女流棋士になれて順風満帆……と思いきや、新年早々問題発生!? 不眠症や変な夢に悩まされ、初詣で怪しげなおみくじを引き、初JS研では小学生全員に告白され、弟子の棋士室デビューは大失敗。おまけにあいはロリコンを殺す服を着て既成事実を作ろうと迫る。殺す気か!! そんな中、銀子は奨励会三段になるための大一番を迎えるが――新キャラも大量に登場! 熱さ急上昇で新章突入の第6巻!! 新時代の将棋の歴史は、ここから始まる。

姉弟子かわいい。めっちゃかわいい。表紙のロリ姉弟子はやゔぁいですね……まあ年齢を考えると現在の姉弟子を好きになるのも十分ロリコンですけど。(法律的な意味合い)

と、いうことで引き続き既刊の感想をば。今回は姉弟子回。奨励会三段を目指して戦う姉弟子が描かれて行くわけですが……この6巻を通して、銀子の視点を通して分かるのがレベルの違い。次元の違い。将棋星人と地球人の違い。

本当に恐ろしいところだなあ。銀子視点で読んでいて鳥肌が立ってしまった。そんなところにいて竜王にまで昇った八一はどれだけ強いんですか。「銀子は強い」と思っていたら……そんな次元の話じゃないんですよ、と。でも心が折れてしまったらそこでゲーム終了ですから。安西先生……

しかしシュウマイさん、マジでお下品なキャラだ。(笑)