飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア8」感想

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか外伝 ソード・オラトリア8 (GA文庫)

〈あらすじ〉
「言っただろ、雑魚は足手纏いだってな」
ベート・ローガ。
【ロキ・ファミリア】の中でも過度なほど実力主義を謳う一匹狼。人造迷宮(クノッソス)撤退を受けて死者にさえ嘲笑を向ける彼は派閥から孤立するが……
「いたぁー! ベート・ローガ! 」
突如アマゾネスの少女レナから猛烈な求愛(アプローチ)により、なし崩し的に同居生活が始まってしまう! 戸惑うベートだったが、彼女との交流が『牙』にまつわる記憶を喚起させ、己の過去と向き合うことになる。一方、その裏で静かに暗躍する死神の眷族達。仲間を奪った凶刃が今、再びベートのもとに迫ろうとしていた――。
これは、もう一つの眷族の物語、──【剣姫の神聖譚(ソード・オラトリア)】──

ソード・オラトリア」本編もある中でコッチもガンガン発売されていくから与えられるまま流れるように読んでいるけど、この8巻が一番面白かった。本編との交錯や裏側よりも特定のキャラをクローズアップして単巻でストーリーを作って行った方が楽しめそうだ。

表紙を見ていただければ分かる通りのベート回。本編1巻の時点から既にデカイ顔して登場しているので、「ロキ・ファミリア」の中でかなり目立つ存在だった。とはいえチラホラとスポットがあ当たっていただけだったので、まあこういう回があって非常に興味深かった。

ムカつく奴=ベート。でも実は根は良い奴なんでしょ……と思っていたら本当にそうだったね、ということが分かるお話です。今回のヒロインであるアマゾネスのレナのおしかけっぷりに対するベートの反応は面白い。他者とぶつかることの多いベートだけに楽しそうにぶつかっていくレナとはお似合いなのでは。最終的にハッピーなフィナーレになって良かったかと。ベートも良かったね!