飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「妹さえいればいい。8」感想

妹さえいればいい。 8 (ガガガ文庫)

〈あらすじ〉
年が明け、『妹のすべて』のアニメ化発表が着々と近づいていたある日、なにげなくエゴサーチをした伊月が見たものは「妹すべ、アニメ化決定!」という新刊の画像付きツイートだった。その画像の出所はなんとギフト出版の公式サイトで…。伊月やアニメ関係者からの信用を失ったGF文庫編集部が放つ、起死回生の一手とは…!?伊月や土岐がアニメに翻弄される一方で、春斗や京、他の新人作家たちの物語も進んでいき、千尋の心にも大きな変化が訪れて―。動き続ける青春ラブコメ群像劇、第8弾登場!!

つらい。
読んでいる最中はあれこれ順番に書いていこうと思っていたけど、あとがきまで読んでまず書かなくてはならない言葉。つらい。そういえば公式がアナウンスする随分前からアニメになるような話が上がっていた気がします。それを本編にぶっこむ辺りが平坂さんっぽくはあるけど。(苦笑) アニメ化情報をネットに流す時は公式日を気にかけましょう。

ということで感想。
自分もコミケに参加するようになってから、結構色んな作家・イラストレーターさんが出ているんだなあと驚いたもんです。商業で活躍してる人は出ていないと思ったから。自分の作品の同人誌は感動するだろうなあ。そして自分の好きな女の子が自分の作品のキャラのコスプレなんてしてた日には……!

伊月と那由多の関係は平和なのか、危ういのか。しかし伊月の主人公論はカッコイイぞ、しっかり貫いたらね。いや、千尋が怖いっすな。彼女が爆弾になりそうで不安だな。でも爆弾をぶっこんで欲しいですわ。