飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「14歳とイラストレーター」感想

14歳とイラストレーター (MF文庫J)

〈あらすじ〉
ラノベの挿絵は1冊30万円。税金も家賃もPC代もここから支払うんだ」フェチズムの最前線を走るプロ・イラストレーター京橋悠斗はラノベ挿絵―とくにおヘソに心血を注いでいる。類は友を呼ぶのか、周りも曲者ぞろいで…巨乳と酒が大好きなチャラ系ベテランレーター倉山錦。気●い作家たちに日々心労を重ね、たまに罵声と黒血を吐く編集の永井敬吾。いつも笑顔のほがらか美人レーター佐伯愛澄は「ストーカーほいほい」の異名に悩む。そして、14歳のコスプレイヤー乃木乃ノ香、イベント後に悠斗の部屋まで来て、とんでもないものをぶっかけられてしまい―!?理想と現実、そして欲望に振り回される。イラストレーターのガチな日常を大公開!

こちらも「このライトノベルがすごい! 2018」に記事を書いた作品になります。読んだ日付を追っかけると一年近くも前になるんですねえ。大丈夫、まだ慌てるような時間じゃない。ラノベ界では3年続きが出ないのもザラです。いや、そういう話じゃなかった。

ここ数年。「ラノベ作家ラノベ」と言えばいいのかな。自身の実体験も込めてラノベ作家が主人公の作品が増えていますが。この作品の主人公はその大切な相棒であるイラストレーター側の視点で描かれていく。よく見ると作品の企画は売れっ子の溝口ケージさんになっとる!(わざとらしく驚く)

ラノベ作家ラノベ」にもイラストレーターさんは登場しますが、こっちはほぼほぼイラストレーター勢で固められています。イラストレーターさんにはイラストレーターさんの苦悩と戦いがある……のだろうけど、タイトルである「14歳」=コスプレヒロインであり、イラストレーターの主人公はの助手でもある乃木乃ノ香が可愛いすぎてイラストレーターマジ羨ましい。マジ嫉妬対象!みたいなことになります。もはや犯罪です。年齢的な意味合いでも現実にこんなことがあったら犯罪です!

恐らくはイラストレーター側の妄想の産物。そうこれは願望が体現した作品でもある。そうです、そうに決まってます。コミケに可愛いコス売り子など存在しないのです!(血涙)