飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「りゅうおうのおしごと! 7」感想

りゅうおうのおしごと! 7 (GA文庫)

〈あらすじ〉
「文句があるならかかってこい! 八一!!」
清滝一門の祝賀会。師匠である清滝鋼介九段から叩きつけられたその言葉に、八一は衝撃を受ける。順位戦――名人へと続く階段で、昇級のチャンスを迎えた八一と、降級の危機にある清滝。師匠の苦しみを理解しつつも八一は己の研究を信じて破竹の進撃を続ける。一方、棋力のみならず将棋への熱をも失いかけていた清滝は――
「衰えを自覚した棋士が取れる手段は二つ……」
残酷な運命に抗うのか、従うのか、それとも……? 笑いあり涙ありの浪速ド根性将棋ラノベ、号泣必至の第7巻!

読み終えて、僕は泣きました。それは作品の熱量のせいであったり、あとがきでの白鳥さんの想いであったりと。とにかくある種のパワーで溢れる一冊でした。

八一と銀子の師匠である清滝九段。歳をとり「落ち目」である彼の苛立ちと……その解放を描いた最高の7巻。いや、これまで八一たちの師匠ではあり桂香さんの父親という影のそれほど濃くない「脇役」がこんなにピックアップされて熱を放出するとは。驚きの展開だった。順位戦を巡る明暗。この巻の主役は間違いなく清滝九段であり、中盤からの「吹っ切れ」状態からは読んでいて応援したくなるスッキリさを感じた。清滝道場面白すぎ。

勝負としての将棋でなければ面白くない。これが根幹にある。出てくるキャラみんなが楽しそうに将棋をうつ姿が印象的だ。清滝パワーに埋もれてしまったけど、天衣の進撃もワクワクするわ。あとこれまでのヒロイン戦争だと銀子が抜け出ているように思えるなあ。創多はどういう枠でいるんだ、あの子は……(笑)