飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか13」感想

ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか13 (GA文庫)

〈あらすじ〉
「【破滅の導き手】……【約束されし妖精】……エルフ? 【疾風】のこと?」
18階層の宿場街にもたらされる殺人の凶報。犯人は黒表の賞金首――【疾風】。耳を疑うベル達がリューの容疑を晴らすべく、彼女の行方を追い始める中、カサンドラは『最悪』の予知夢を見る。告げられし十七節の予言。予言の成就は大切な者達の『死』。絶望に打ちひしがれる悲劇の予言者は、破滅に抗う孤独の戦いを始める。そして真相を追う少年が、黒き復讐の炎に焼かれる妖精と邂逅を果たす時、かつてない【厄災】が産声を上げる! これは少年が歩み、女神が記す、 ──【眷族の物語<ファミリア・ミィス>】──

前回の終わりからのリューさん回です。正確にリューさんを中心とした探偵的なお話になっています。外伝でリューさんの背景を読んでいるとより楽しく読める印象。

比較的本の厚みが薄いので、「これは一冊でリューさんの話はおしまいかな?」と思っていたのだけど。敵が小物っぽいなあと侮っていたら終盤からとんでもねえ展開に。強敵からの強敵、追い討ちの強敵と絶望的な状況に落とし込んでくるこの感じ。ベルくんじゃなかったらとっくに死んでるだろ。結末だけをみるとリューさん完全にヒロインじゃないですか。

今回のボスのジャガノートのデザインは好きだなあ。しかし「ダンまち」はキャラクター紹介ガッツリ載せないともう分からないんですけど……。