飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「セックス・カンパニー」感想

セックス・カンパニー (Novel 0)

〈あらすじ〉
世界的大企業の末端に勤める千耶は、昔からラッキースケベ体質だった。今の会社に勤めるようになってからも、後輩の凛々世にラッキースケベを発動しまくり! でも、彼女はなぜか許してくれていた。そんなある日、親会社の社長から男子禁制の楽園と言われる【ヴァルハラ】へと呼び出される。そこで待っていたのは、新入社員と自身を偽っていた凛々世だった。彼女は千耶にミッションを下す。『進化したラッキースケベ体質、ラッキーエッチで美女100人を攻略して、至高の9人を見つけ出せ!』と。普通の会社員が、文学少女やアイドル達とエッチ三昧! ラッキーエッチラブコメ、ご開帳!

プロデューサー!「セックス・カンパニーでしょ、セックス・カンパニー!」と思わず某アイドル育成に励むゲームのCM的口調で連呼したくなるタイトルの「セックス・カンパニー」読んじゃいました。「セックス・カンパニー」読んでもいいじゃない、だって男の子だもの、てりあ。うむ、言葉に出したい日本語?だな。

ラノベ主人公なら誰もが持っているラッキースケベ(偏見)の上位種であるラッキーエッチの力を持つサラリーマンの主人公が、可愛い女社長の側近の才を持つ女性を探し出すためにメッチャエッチなことをするラブコメです。自分でも何言ってるか分かりませんが、ほんとそんな感じなんです。設定は全てセックスするために存在するんですよ。もうノベルゼロってレーベルがセックスしたいために存在しているようにすら思えます。何しろ他のノベルゼロ作品は「セックス・ファンタジー」しか読んでませんからね!

だた前作の「セックス・ファンタジー」と比較してセックスが遠慮気味だったように思えます。もっと吹っ切れてセックスしまくって欲しかったなあ。だってタイトルにセックスの文字があるんですよ、男の子はみんな期待しているんですからね! メインヒロイン枠の後輩でもあった美少女社長とセックスまでいかない焦らしっぷりは、まあこれはこれで良かったかなと。そういうのも結構好きです。次回作のセックスはどこが舞台なのかなー??(期待)