飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「妹さえいればいい。 11」感想

妹さえいればいい。 (11) (ガガガ文庫)

〈あらすじ〉
小説がまったく書けないという大スランプに苦しむ伊月を、恋人の那由多は優しく見守る。土岐や京は伊月を復活させるための方法を模索するのだが、結果は芳しくない。一方、女の子であることを隠さなくなった千尋にも、大きな変化が訪れるのだが……。そんななか、第16回GF文庫新人賞の授賞式が開催される。青葉や木曽たちが受賞してから、はやくも一年の月日が経っていたのだ。怒濤の流れに翻弄されながらも、主人公たちは足掻き続ける――。大人気青春ラブコメ群像劇、衝撃の第11弾登場!!

帯の「10巻の続き」ってどういうことなんだ。いや、その通りなんだが、困惑。まあ帯のキャチフレーズについての話が中にあったので、それにかけてあえてやってるんだと思って安心した。作家・編集がテキトーに決めたんじゃないんだ!!

今回は千尋が妹だと知り、妹愛を糧に作家業を続けてきた伊月がスランプに。周囲の人間がそれを気にしてフォローを入れてくれる回といった感じ。千尋の恋即玉砕からの義父兄のいらん口出しなど、かなり可哀想な目に千尋あってるぞ。恋の相手が春斗なのも、モテすぎでしょ、この童貞さん。

割と若い会ではあって最後にはスランプから脱したのだけど、才能は取り返せず那由多に全否定される展開はちと予想外。那由多の危うさが出た気がするが、この先那由多のいう伊月の才能は戻ってくるのか。終わりに向かっている感じがして、ドキドキはしてきてる。