飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「ハロー、ジーニアス 2」感想

ハロー、ジーニアス〈2〉 (電撃文庫)

ハロー、ジーニアス〈2〉 (電撃文庫)


「やりたいことがないのなら、とりあえずは、やるべきことを、やるべきようにやりたまえよ。僕にも、キミにも、どんな人にも、それはあるのだから」

女の子二人が友情を育む青春物語です。主人公の高行は空気になりかけてました。

高行、八葉、有屋の『第二科学部』の部室がある長屋を取り壊されることなる。それに抵抗する運動を部室長屋の他の変人揃いの部の人々と行うのだが、まあ順調には進まず、また別の問題として八葉と有屋の関係が上手くいかないためギクシャク。

正反対の属性の少女たちの間に立ち潤滑油の働きをする高行の成果で、八葉と有屋の関係が始まり、部室長屋も何とか解体を免れるのだが…今回の話にジーニアスという特殊な設定がほとんど生きてなかった気が。

『ジーニアスもまた人である』ことを出したくてあえてそうしたのか否か。

いずれにしろ、薄味の青春物語で終わってしまってるなぁ。