飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「しゅらばら!」感想

しゅらばら! (MF文庫J)

しゅらばら! (MF文庫J)


「わたしの…彼氏になってくれる?」
「わたくしの、恋人になってくださいっ!」
「あたしの彼氏になってよね」

メガネを外したら実は美人のボクッ娘クラスメート。
バイト先の後輩で機械オンチの天然お嬢様。
武闘家でガサツな隣に住む巨乳幼なじみ。

彼女が欲しいと願って止まないのにいつも『イイ人』で終わってしまう主人公・一大に、ついにモテ期が到来し三人の可愛い女の子から告白される!――などという上手い話がある訳がなく、それぞれの理由で『彼氏のフリをして欲しい』ということで一大ガックリ。

学校・バイト先・自宅のそれぞれで『彼氏役』をするので三人の『彼女』達が交わることはない。
そう思っていたが実際はニアミスがあってヒヤヒヤ。
けれどもタイトルと帯文句の『修羅場』がないのは…まあこれは次回に期待しましょう。

本当の『彼氏彼女』ではないが、一大の『彼氏役』が板に付いてくると惹かれ出すのでしょうね。