飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「官能小説を書く女の子はキライですか? 5」感想

官能小説を書く女の子はキライですか?〈5〉 (電撃文庫)

官能小説を書く女の子はキライですか?〈5〉 (電撃文庫)


学園ラブコメモノのお約束、修学旅行回。真一と月の関係が少し変わるお話でした。

修学旅行先の京都で、真一と月の中学時代のクラスメートである佐藤と再会するのだが、この佐藤(イケメン)は月に惚れて告白をした過去を持ち、そして今も月のことが好きだということでやたらと付きまとわれる羽目に。佐藤に対する恋心など全くあるわけもない月であるが、真一の煮え切らない態度に苛立って仲違いをしてしまう。それをキッカケに真一の『月を妹のように(家族のように)想う気持ち』が実は異性を想う気持ちであることに気づかされる展開になるのだけれども、今更気づくかという鈍感っぷりは流石ラノベ主人公。自分自身の想いに気づいた真一が月にそのことを告白し、さてこれでくっつくのかと思いきやそこまでは進展せず、その恋の行方は次回以降持ち越し。とはいっても、月がいないにも関わらず藍川とは体験取材をするし、さらりと合流したひみこ(今回は二人の関係性を変えた立役者!)とも満更でもないし、最後には鷹島とも仲直りしてヒロインを更に増やすわで気の多いムッツリスケベなのでまだまだ難しそうか。
しかし佐藤は月の性別をバラすとか、もっと月に執着して物語を混沌とささせてくれた方が楽しかった気もするけど。まあこのあっさりしたラブコメが官能の良いところだからなあ。