飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「ログ・ホライズン 5 アキバの街の日曜日」感想

ログ・ホライズン5 アキバの街の日曜日

ログ・ホライズン5 アキバの街の日曜日


波乱続きだった『記録の地平線』にようやく心休まる時間が訪れる。日常編になる今回のお話は今まで様々な大イベントに振り回されてきた(あるいは振り回してきた)『記録の地平線』というギルドの内情にスポットが当たる良いお話だった。

『記録の地平線』、特にシロエを中心としたアカツキ・ミノリとの恋模様がメインとなっており悶える表現ばかりで、読んでいる顔がどうしようもなくニヤつく。シロエとの外出に際してアカツキとミノリがそれぞれの想いを『恋』というカタチにしながら初めてのデートに挑む姿は悶絶もの。アカツキとミノリが互いに対してコンプレックスを抱く描写があるが、アカツキさんが中学生にプレッシャーを受けるのはちと情けないです。自覚症状はあるみたいですが(笑)ミノリにしても、シロエの『腹グロ』評価を払拭させたいのにそれでは逆効果どころか、ロリコン疑惑まで追加されてしまう。いや、これはミノリだけのせいじゃないけどね。

他にもニャン太とセララ、五十鈴とルディ、クラスティとレイネシアとカップル(?)たちがそれぞれのアキバでの平穏を過ごし、それぞれの想いを知ることが出来る。多少のドタバタと心情の変化はありながらも平穏に終わるのかと思いきや…先を行くシロエが次なるイベントに接触して一転、不穏な空気に。新たな火種が生まれる中、次回から新章に突入。これは…アカツキの活躍が読める…のかなあ。