飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

飼い犬にかまれ続けて
勝手気ままにライトノベルの感想を書きます

「人生」感想

人生 (ガガガ文庫)

人生 (ガガガ文庫)


大仰なタイトルだけど、大丈夫、川岸殴魚のライトノベルだよ。
『邪神大沼』シリーズのようにギャグ一辺倒とはないけれども、川岸さんの持ち味は発揮されている。間違いない、これは川岸さんが書いている!

従姉であり部活の先輩でもある第二新聞部の部長、彩香の後押しで始まった『人生相談』のコーナー。
その人生相談の仕切り役に任命された主人公の赤松勇樹は、彩香によって集められた三人の女子高生『相談員』(美少女揃い!)とともに人生相談に応じるのだが…この三人がちょっと普通ではない。理系の梨乃・文系のふみ・体育会系のいくみ。それぞれの分野に精通した、相談役に適任と思われる人選と思いきや、あまりに専門分野に特化してしまっているのと、もともと常識から外れているところのある三人は、全ての相談で意見が合わない。まとめ役の赤松を交えてそれぞれの意見が相談の答えになるか実践してみるのだが、どうにもそれがおバカな方向に行ってしまう、笑いありの短編連作形式で送る日常系ライトノベル。

まず誰もがツッコミを入れるであろう「いやいや人選間違ってるだろ!」…は、置いておいて。
この手の「相談に答える」部活モノは、最初相談をしてくれる相手を捜すことから始まり事件が起こる、というイメージを持っていたので、同じ高校生だけでなく先生から学食の料理人まで幅広い相談者がどしどし相談してくる形式なのは驚いた。またその『相談内容』も突き詰めていくと深いテーマであり、故に真面目に応じなくてはならない気がするのだが、相談員三人の個性が強すぎるのとまとめ役の赤松が全く三人をまとめ切れていないせいで、毎回斜め上の回答が飛び出し笑ってしまう。この答えで相談者納得するんかいっ!(笑)

三人の相談員の内、(比較的)まともな理系の梨乃は人見知りで他人に慣れておらず、強気な言葉に対して恥ずかしがり屋でそこが可愛い。ふみやいくみの天然パワーで絡まれ、赤松には胸を揉まれてと、完全に弄られ役の立ち位置を確立。おかしい…ヒロインは三人いるはずなのに…おかしい。

感想とは違うけれども、あとがきによると『人生』2巻からは「人生相談の内容」を川岸殴魚さんのツイッター@ougyo_kawagishi等に応募する企画が、平成24年1月18日〜2月18日までの1ヶ月間行われるとのこと。

ガガガ文庫に相談者として登場するチャンスですよチャンス!