読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「六花の勇者 4」感想

六花の勇者  4 (スーパーダッシュ文庫)

〈あらすじ〉
「七人目」の脅威がいまだ残る六花の勇者たちは、ドズーの話から、テグネウの策略の一端を知る。
「黒の徒花(あだばな)」とよばれる聖具が、「七人目」に関する重大な手掛かりであるというのだ。
アドレットはその聖具が造られた神殿へ向かい、正体を暴くことを決める。
一方、テグネウは六花の勇者を阻止するため、人間を兵器に作り替えた『屍兵』を動員する。
『屍兵』の中にはアドレットの故郷の人間も含まれていることを知ったロロニアが『屍兵』を救う方法はないか、と言い出し…!?
伝説に挑み、謎と戦う、圧倒的ファンタジー、第4幕!

この先どうなってしまうのか…手に汗を握る緊張感が堪らない。
ロロニアを軸に据えた物語展開。六花の勇者たちの中で最も頼りにならない彼女の優しさとアドレッドを想う心が…世界を救うことになる。

ナッシェタニアを救い出した六花の勇者たちはドズーからテグネウの目的の一部を聞くことになる。テグネウの創り出した『黒の徒花』と呼ばれる聖具が、六花の勇者たちに対する切り札になる、という話を聞き、ドズーたちと一時同盟を組み、『黒の徒花』の情報を求めて『運命の神殿』を目指す。しかし神殿の前にはテグネウが攫い、凶魔の操る寄生虫によって兵器と化した『屍兵』が待ち受けている。しかもその中にはかつてアドレッドの姉と親友を殺した村人たちも含まれていると知り、アドレッドは深く悩む。その苦悩を理解するロロニアは、『屍兵』に対してとんでもない行動を取ろうとして次第に孤立していく。

テグネウの手のひらの上で転がされている状況から脱するため、ドズーたちから得た情報を頼りに、六花の勇者たちは初めて先手を打ち、「反撃」に出ようとする彼等を待ち受けていたのは、三度目となるテグネウの罠。

『屍兵』生ける屍と化した人間兵器。
千体の『屍兵』を前にして、彼等を救おうとするロロニアの考えは、誰が聞いても「バカげたこと」である。既に死んでいる等しい人間の命と、世界の命運。天秤にかけられる訳がない。アドレッドもまた、悩んだものの屍兵を見捨てる決意を固めて、ロロニアに言い聞かせようとするが…彼女は考えを変えない。

しかしこのロロニアのとんでもない行動は、読者からすると世界を救う希望になっていることが分かり、酷くもどかしい気持ちに駆られる。『屍兵』の中にたったひとりだけ生き続ける強い意志。偶然にも『黒の徒花』の正体を知ってしまい、世界の命運を握るその真実を六花の勇者に伝えようとする「勇者」がいた。

真実を知る『屍兵』は左腕以外一切自分の意志で身体を動かすことができない。僅かなヒントを抱え、六花の勇者から見たら敵である千体の『屍兵』の中から自分を見つけて貰えるのか?自分はどうなっても構わない。ただ世界を救うために、この真実を伝えたい…!苦心する彼の想いが心に突き刺さる。

結局のところ、ロロニアのバカげた行動がなければ今回の実のなる結果に至ることは出来なかった。彼女の優しさは味方を滅ぼしかねなかった。だからこの結果は単なる奇跡のようなものだったのかもしれない。それでもロロニアのこの愚かな優しさは、アドレッドの想いを晴らし、ひとりの孤独な勇者の心を救った。

しかしテグネウの思惑の中で動き続けていた六花の勇者が手に入れた反撃も糸口は、同時に自分たちの関係をも滅ぼしかねない代物だ。ここまでの六花の勇者全員の動きを見ていて、消去法で考えると、今怪しいのはアドレッドと…もうひとり。アドレッドは黒い感情を抱えながら、神殿を目指す。