読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

飼い犬にかまれ続けて

勝手気ままにライトノベルの感想を書いています。

「フルメタル・パニック! アナザー6 」感想

富士見ファンタジア文庫 ライトノベル

フルメタル・パニック!  アナザー6 (富士見ファンタジア文庫)

〈あらすじ〉
今明かされる、過去と現在を結ぶミッシングリンク――
〈レイヴン〉に隠されていた一三年前の秘密が、達哉やアデリーナをさらなる戦いへと誘う。
一方、無人ASを巡るジオトロンの野心は、水面下で世界に様々な波紋を引き起こしていった。その尖兵として暗躍する、菊乃や旭たち。
インドシナの密林、カルパチアの雪山――うち続く新旧D.O.M.S.の対決の中で、達哉はとある決断を下す。それは『戦士の回廊』へと至る、決定的な一歩となるのだった。
疾風怒濤のSFミリタリーアクション、新章再開!!

ふぅ…焦ったぜ。表紙のアデリーナが白いパンツを見せてるのかと思ったわ。
アナザーも6巻目。刊行ペースが良いためこれだと原作の巻数に直ぐ並んでしまうのでは…と思ったが、新章スタートではあるけど物語は佳境に入っているのね。展開早いなー。

まず感想を書く前にこれだけは言わせてくれ。

おのれ、ユースフ! 許さん! 許さんぞぉおおおおおおおおおおおお!!!

サラッと幼妻がいることを披露したユースフに殺意を抱いてしまいましたが、仕方ないよね。だって人間だもの。
乗っ取られたD.O.M.S…と、いうよりもスポットはやはり菊乃と旭の双子に当たっているなあ。あの二人もなんだかんだ色んな意味でも人間味があるから、敵という感じがしない。特に今回、達也の決意を新たにする大きなキッカケになった二人の生死にはぐっと心を掴まれる。

菊乃の捕縛、旭の死によって今後達也を振り回す敵と謎は大きく変わっていきそう。クララを知るアメリカ側のオペレーターのロニーは一体何者なのか? 不気味な技術者クルピンスキーと達也たちはどう争っていくのか? 達也たちの戦いはまだ続く。